JAPAN RISING STAR PROJECT J-STARプロジェクト

いざ、世界へ!きみの可能性は、想像以上だ!

上矢印

対象競技紹介 パラリンピック

J-STARプロジェクトの対象パラリンピック競技と
求めている人物像を紹介します。
2020年度4期生については、パラリンピック夏季・冬季の全28競技が対象となります。
4期生から追加となる対象競技の「求める人物像」については、順次追加いたします。
各競技の対象障がいは、以下の「競技の詳細はこちら」ボタンをクリックして確認してください。
4期生から追加となる対象競技の対象障がいは、ページ下にある
<2020年度4期生新規追加の対象競技>一覧の競技名をクリックして確認してください。
  • 水泳

    陸上競技(身体障がい)

    求める人物像

    • ①スポーツが好きで、かつ陸上競技を楽しめる。 
    • ②スポーツを通じて自己を表現することが好きである。
    • ③パラ陸上競技を通じて国内外の友人や仲間と交流を深める意思を持っている。
  • 水泳

    ボッチャ

    求める人物像

    ボッチャ競技が好きで、将来的に国際大会に出場したい・メダルを獲得したいなど、意欲の高い選手。
    ※中央競技団体(NF)育成指定もしくは強化指定選手経験者、日本選手権(予選含む)3回以上出場したことがある選手は対象外

  • 水泳

    水泳(身体障がい)

    求める人物像

    • ①明るく、前向きで、自律しようとするマインドが観てとれる選手
    • ②障がいに応じて良い浮き身姿勢がとれ、バランスを保ってストローク頻度を上げることができる可能性のある選手
  • 水泳

    パワーリフティング

    求める人物像

    瞬発力のスポーツ、パラパワーリフティング。
    地道な筋肉作りを続け、試合で大爆発させる。
    実はとてもスリリングなスポーツ。
    筋肉大好き人間大募集中。

  • 水泳

    車いすフェンシング

    求める人物像

    下肢に障がいがある肢体不自由、両腕の握力がしっかりある人、世界で挑戦してみたい人、対戦競技に興味がある人。

  • 水泳

    パラアイスホッケー

    求める人物像

    • ①団体球技が好きである。
    • ②闘争心があり、協調性がある。
    • ③下肢障がいがあり、上肢障がいがない。