水泳・飛込競技

【JAPAN RISING STAR PROJECT 2期生 第3ステージ(検証)進出選手の詳細】 ※年齢は2018年12月12日時点


【結果報告】第38回北日本選手権飛込競技大会

【2期生/田中 愛海選手・乗松 飛羽選手・口脇 釉美選手・板橋 永久選手・山口 歩夏選手】

昨年12月からスタートした2期生第3ステージが順調に推移し、3月30日に第6回合宿を兼ねて宮城県のグランディ21で開催された第38回北日本選手権飛込競技大会に参加しました。有志で参加した1期生の2名と一緒に合宿練習を行い、大会にはそれぞれが個人戦に出場しました。

また、1期生と2期生の混合チームで出場した団体戦では2位という結果を残しました。


2018年度第3回拠点県合宿開催

2019年1月25日(金)~27日(日)に、新潟県・ダイエープロビスフェニックスプールにて、J-STARプロジェクト2期生・水泳(飛込)の第3回拠点県合宿が開催されました。

同じプールで練習する地元ダイビングチーム、1期生の選手たちにいい刺激をもらいながら、先生方の熱心な指導を受けて真剣なまなざしで合宿に臨んだ今回。10m台の高さを怖がっていた選手たちも、合宿での指導を経て最後は台の上で記念撮影ができるほどに成長しました。

今回は選手全員が英語でスピーチをする練習もあり、その後ホテルに戻ってからも先生を質問攻めにするなど、厳しい指導の中にも笑顔の絶えない明るい合宿となりました。


2018年度第2回拠点県合宿開催

2019年1月4日(金)~7日(月)に、新潟県・ダイエープロビスフェニックスプールにて、J-STARプロジェクト2期生・水泳(飛込)の第2回拠点県合宿が開催されました。

今回は、ドライランドで開始姿勢・アプローチ・踏切・空中演技・入水などの練習を強化し、プールが無い環境でもできる基礎トレーニングやイメージトレーニングの重要性を学びました。

また、1期生の2名が応援に駆けつけてくれ練習に合流。これまでの経験を活かした実践的なアドバイスをもらうことができました。厳しい練習の中でも笑顔で臨む姿が印象的だった今回の合宿。少しずつチームとしてのまとまりも見られ、今後<J-STARダイビングチーム>としての成長が期待されます。



2018年度第1回拠点県合宿開催

2018年12月14日(金)~16日(日)に、新潟県ダイエープロビスフェニックスプールにて、J-STARプロジェクト2期生・水泳(飛込)の第1回拠点県合宿が開催されました。

1日目の開会式では、J-STAR新潟県実行委員会の木浦正幸委員長より挨拶があり、その後選手身体能力測定や新潟県栄養士会公認スポーツ栄養士の石墨清美江氏による栄養指導講座等が行われました。

本格的な練習となった2日目は、プールでの飛込練習の他にドライランドや飛込競技概要講座も開催され、競技に対する理解を深めました。