7人制ラグビー(女子)

【JAPAN RISING STAR PROJECT 2期生 第3ステージ(検証)進出選手の詳細】 ※年齢は2018年12月12日時点


2019年度第2回拠点県合宿開催

2019年5月30日(木)~6月2日(日)北海道バーバリアンズグラウンドにて、2019年度第2回拠点県合宿を行いました。

初めての北海道での合宿は選手3名と寂しかったものの、大自然の中で思う存分ラグビーに没頭しました。

今回は複数でのアタックに取り組み、①ボールへ走り込むこと。②走ってキャッチすること。についてフォーカスしました。

各選手ともトレーニングへの取り組みが良かったおかげで、今まで積み重ねてきたものをさらに高く積み上げることができました。


2019年度第1回拠点県合宿開催

2019418日(木)~21日(日)福岡県宗像市グローバルアリーナにて、2019年度第1回拠点県合宿を行いました。

前半の二日間は、パス練習やスクラム姿勢の練習、走るときの姿勢や足の使い方を学んだり、筋力トレーニングを行いました。

後半の二日間は、『HSBCワールドラグビー女子セブンズシリーズ北九州大会』の大会視察を行いました。

日本をはじめ各国のトップチームの試合を目の前で見ることができ、多くの刺激を受けることができました。


2018年度第4回拠点県合宿開催

2019年3月22日(金)~24日(日)に女子7人制ラグビー日本代表の強化拠点である熊谷スポーツ文化公園で、第4回目の合宿を行いました。

3月の合宿はラグビー独特のスクラムやラインアウト、コンタクトプレーに挑戦しました。スクラムは1月の合宿や宿題でコツコツと頑張ってきたおかげで3人でマ シーンに当たることができました。ラインアウトは本合宿から取り組みましたが、呑み込みが早く1人のジャンパーを2人でリフトすることができました。

また、コンタクト練習ではコーチ陣が持ったバックに力いっぱいぶつかりラグビーを楽しんでいました。


2018年度第3回拠点県合宿開催

2019年2月11日(月・祝)~14日(木)に、女子7人制ラグビー日本代表の強化拠点である熊谷スポーツ文化公園で、第3回目の合宿を行いました。

前回の拠点県合宿から2週間しか空いていませんが、各自トレーニングをやってきた成果がみられ、グラウンドで行われたスタッフVs選手のタッチゲームでは、個人の強みをそれぞれ発揮しラグビー選手らしいプレーが次々と展開されました。

次の合宿まで期間が空くため、「合宿以外の過ごし方、トレーニングが重要になる」とスタッフからアドバイスがあった選手たち。次回の合宿までに、どんな事が出来るようになっているか、どのように体が変化しているか、期待が高まります。


2018年度第2回拠点県合宿開催

2019年1月25日(金)~28日(月)女子7人制ラグビー日本代表の強化拠点である熊谷スポーツ文化公園で、第2回の合宿を行いました。

同日に日本代表候補合宿が行われていたため、間近でトップ選手の動きや練習に取り組む姿勢を見ることができ、女子7人制ラグビー日本代表の稲田ヘッドコーチからは、″代表選手になるためには、コツコツと努力する事が大切″とお話いただき、選手にとっては非常によい刺激となりました。

合宿では初めてのフィールド練習となり、測定とラグビーボールの扱いを中心に進めました。クロージングでは、次回の合宿までに出された課題にどう取り組むかを確認し、4日間の合宿を終えました。